お金持ちは食事も投資と考える

お金持ちは食事も投資と考える

 いまの若い人の間では、初デートするときの食事代など、割り勘にしているのだろうか、それとも男性が払っているのだろうかと思ったことがありました。
 私個人のことでいえば、最近、年齢的なものあってか、私が払う場合が少なくありません。
 若い頃、頻繁にご馳走になった借りをいま、別の人たちに返しているような感じです。

 損得だけで考えれば、お金を払うほうは、損します。

 けれども、自分が払うことで、結果的に得するということもあります。

 その一つは、自分が払うとき、相手がどういう反応を返してくるか。それによって「相手を判断できる」という点です。
 これだけで、相手を知るための時間を節約できます。

 自分中心的な視点でいえば、食事のときだけでなく、他の場面でも同じようなパターンを繰り返しているはずですので、食事の場面でもそれがより確信できる、ということになるでしょう。

 あるお金持ちに関する本の中で、「お金持ちは、全部自分が払う」という話が出ていました。お金持ちにとって、食事は投資である、と。

 例えば、初デートのとき、割り勘を持ち出せば、自分のイメージがダウンするというリスクを負うことになります。このほうが、よけい損するという捉え方もできます。

 これから付き合いたい、結婚したいという女性であれば、その女性の人となりを見極めるチャンスの一つであるとも言えます。
 そのための「投資」という捉え方をすれば、自分が払うことで、相手がどういう反応をするか。

 まったく、お礼も言わない女性かもしれません。
 払うのが当たり前だと思っている女性かもしれません。
 おごってもらって、得したと思っているだけの女性かもしれません。

 相手を気遣える女性であれば「私にも出させてほしい」というような言葉が返ってくるでしょう。

 本気で付き合いたいと思うのであればあるほど、こんな場面での洞察が自分の未来を左右します。

 自分にとってメリットのない相手だと判断すれば、それは「二度と会うことがない人」ということになります。
 投資という点でみれば、これだけで時間とお金の浪費を防ぐことができます。

 こんな判断の仕方ができるお金持ちは、お金持ちというだけでなく、ほんとうに実力のある人でしょう。
 つまり、継続的にお金持ちであり続けられる人でしょう。

 こんな決断をするとき、「相手が自分を嫌うかどうか」というような他者中心の見方はしていません。
 相手にどう思われても、
「自分にとって相応しくない人は必要ない」
 というふうに、幸せになるだけでなく、お金持ちになるにも、やっぱり「自分中心」が必須なのです。

 もっとも、「自分が優位に立って威張っていたい」という欲求を満たすために、お金を出すお金持ちも少なくありません。

 確かに、自分が払うことで、そんな優位性を感じるのは否定できません。けれども、本当のお金持ちはそれを自覚することはあっても、それに溺れることはないでしょう。

 余談ですが、そんな優位性に溺れるお金持ちは、いずれ「お金を無くしていく」可能性が高いお金持ちだと言えるでしょう。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional