しがみつく意識を手放す

しがみつく意識を手放す

 ひとりでできる、「しがみつく意識」を手放す方法です。

 少しイメージしてみましょう。
 相手にしっかりと、しがみついてみましょう。

 相手にしがみつくと、自分の両手はふさがってしまいます。

 しがみつくのに一生懸命であるために、自分の両手が使えないことに気づきません。

 それでいて、気持ちは、しがみついているゆえに、「自分が何もできない」ような気分になっていきます。

 しがみついているから、そんな気分になるのです。

 しかも、そんな気分に陥るので、ますます、相手にしがみつきたくなるでしょう。

 相手にそうやって「しがみついている」自分をイメージして、どんな気分になっているかを“実感”してみましょう。
 心や身体の状態は、どうですか。

 では、相手はどうでしょうか。

 しがみつく人に掴まれてしまっているので、行動が限定されます。エネルギーも相手に奪われます。
 自分の手を握られてしまえば、もう、両者とも動くことができません。

 しがみつくというのは、心だけでなく、行動までも縛ってしまうのです。

 相手にしがみつかれている、そんな光景をイメージすると、どんな気持ちになるでしょうか。その気分を“実感”しましょう。
 心や身体の状態は、どうですか。

 では、最初にもどって、相手にしがみついているその両手を、離してみましょう。
 あなたの両手は、自由です。
 自由に動かすことができます。

 力が入っていた手の力が抜けます。
 全身の緊張もほどけます。

 心と身体が解放されて、自由になります。
 その自由になった気分を“実感”しましょう。

 それが、「自立の感覚」です。

 いま、そうやって、あなたが「自立の感覚」を味わったその瞬間、その分だけ、あなたは、自由の心は自由をとりもどしたことになるのです。

 そんな自立の感覚を、自分の中に「実感」として、インプットしましょう。「感じ方」を磨くと、変わるのも早くなります。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional